水道水は危険!?恐怖のトリハロメタン

ミルクを作るために必要なお水。あなたは水道の水を使っていませんか?

 

日本の水はとても綺麗と言われていますし、浄水器も今は様々な種類がありますね。

 

多くの国では水道水を飲むことなんて考えられません。蛇口の水を飲める国はとても珍しいです。

 

しかし、大人の方は大丈夫でも、赤ちゃんはどうでしょう。

 

本当に水道水は安全と言えるのか?

 

ミルクのメーカーや医師、助産師さんの多くは口をそろえて「水道水でも問題ない」と言います。実際私も出産の際、病院で、お医者さんとメーカーの方にそれぞれ「水道水でも大丈夫」と言われたんです。でもちょっと気になる話があります。

 

それは「トリハロメタン」というものです。多くの人は聞いたことがないのではないでしょうか?トリハロメタンとは、水道水を消毒するときに使う塩素がお水の成分と反応して作られるものです。

 

実はこの物質に発がん性があるかもしれないと考えられているのです。

 

トリハロメタンを取り除くには、長時間の沸騰が必要

 

煮沸したら問題ないのでは?と思うかもしれません。しかし、このトリハロメタンという物質は、煮沸直後に数値が何倍にもなってしまいます。大変恐ろしい物質なのです。

 

本格的に取り除くためには50分くらい煮沸を行わねばなりません。3分程度では濃度は半分以下にしかならないそうです。

 

忙しい合間を縫って作るミルク、50分なんて時間は取れませんよね。毎日ミルクのためだけに50分の煮沸をするとなるとガス代や電気代もバカになりません。

 

トリハロメタンはどうしたらいいのでしょうか?

 

トリハロメタンが塩素と結びついて出来るなら…そうです、塩素を使っていないお水を使えばよいのです。つまり、天然のお水を使うことでこの問題は解決できます。

 

今はペットボトルに入った天然のお水がどこでも手に入るようになりました。でも、毎日使うお水を沢山買うとなると運ぶのが大変ですよね。そこでウォーターサーバーを設置すれば、スーパーやコンビニに買いに行かずとも重いお水を定期的に届けてくれます。空ボトルのゴミも減らせてエコな上に捨てる手間も省けます。

 

これら天然水、ミネラルウォーターについては別ページでまとめています。ぜひ、あなたのお気に入りのお水を見つけて使ってみて下さいね。