赤ちゃんのミルクに使える安全な海外のお水はどれ?

赤ちゃんのミルク作りに使うお水。

 

その安全性に気をつけている/気をつけたいと思っている方は多いはず!

 

特に今は、放射性物質のことが気になりますよね。 水道水から放射性物質が検出されたという報告もありますから、やはりミルク作りに使うお水には、しっかり気を配りたいところ。

 

皆さんの中には、日本のお水は心配だから…と、海外のお水を購入している方も多いのではないでしょうか。ですが、海外のお水を買うにあたっては“注意すべき”ことがあるのです!ぜひ参考にしてくださいね。

 

海外のお水は「硬度」に気をつけて!

 

硬度とは、水に含まれるマグネシウムやカルシウムの質量をあらわす値。ご存知の方も多いでしょう、硬度が低い水を「軟水」、硬度が高い水を「硬水」と言います。

 

水1リットルあたりのミネラル含有量による分類は下記の通り。

 

軟水   0〜100mg 
中硬水  100〜300mg
硬水   300mg〜

 

以上のうち、赤ちゃんに安心して飲ませられるのは「軟水」だけです。ご存知でしたか?硬度の高いお水は、未熟な赤ちゃんの内臓にとっては負担になる危険があるのです。

 

下痢や痙攣を引き起こすリスクも指摘されていますから、避けるようにしましょう。ダイエット用のお水として女性に人気のコントレックスなどは“超硬水”です。ミルク作りには使えませんから、気をつけてくださいね。

 

ちなみに、日本の天然水は、そのほとんどが軟水。一方、海外のお水は、硬水が多い傾向にあります。

 

そのため、(赤ちゃんのミルク用に)輸入のお水を購入する場合には、必ずお水の硬度を確認しましょう。硬度は、ラベル表示やメーカーHPなどで確認可能です。不安な場合は、直接メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

 

放射性物質の検査済みであることを確認して!

 

放射性物質という点で、日本の水より海外の水の方が安全だと思われている方は多いでしょう。

 

ですが、放射性物質による水質汚染のリスクがあるのは、日本だけとは限りません。海外にも原発はありますし、核実験だって行われてきました。

 

そのため、海外の水なら放射性物質の心配はないと安心するわけにもいかないのです。ですから、海外の水を購入する場合も、できるだけ放射性物質の検査済みのお水を選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、ボルヴィックについて私が調べたところでは…

 

・硬度は60度で軟水

 

・放射性物質の検査済み

 

とのこと。

 

軟水ですし、日本の安全基準よりもさらに高い基準での検査を行ってもいるようなので、かなり安全なお水だと言えると思いますよ。みなさんも、お水を選ぶ際には、「硬度」と「安全性」に注意してみて下さい。海外のお水の場合は、特に硬度の確認を忘れないで!

 

硬度や検査内容については、商品ラベルや商品HPなどで確認可能です。疑問点や不安点がある時には、メーカーに直接尋ねてみると教えてもらえますよ。

 

赤ちゃんに安心して飲ませられるミルクを作るため、お水選びは慎重にしましょう!