安全なミネラルウォーターを赤ちゃんに。

今、日本では放射性物質などの影響で水道水に抵抗があるという方も少なくないかと思います。

 

特に小さなお子さん、赤ちゃんをもつママは気になるところでしょう。少しでも安全なでおいしいお水、ミネラルウォーターにこだわりを持ちたいですよね。ただどんな水が安全かわからない。どの水を選べばいいかわからない。

 

そんなあなたに、安全なミネラルウォーターの選び方をお教えしたいと思います。

 

安全性にこだわりをもつ

 

まず、1つ目は安全性にこだわりをもつことです。日本の飲料水には安全基準というものがあります。

 

2012年10月現在、安全基準が10ベクレル未満と定められています。安全基準の数値がより低く、0に近ければ安全ということですので、低い数値のものを選ぶのがいいでしょう。

 

安全基準を調べるためには飲料メーカーのHPや問い合わせをしたりして、検査された安全基準の数値をしっかりと確認するのがいいでしょう。

 

ミネラルの数値を気にする

 

そして2つ目は、ミネラルの数値を気にすること。

 

水の中にミネラルという成分がありますが、ミネラルが多い硬水は、実は赤ちゃんの内蔵に負担をかけてしまうんです。

 

下痢がひどくなったり、ひどいものでは身体のしびれ、けいれんなどを引き起こすことがあります。硬度100以下の軟水が好ましいでしょう。

 

コストについて考える

 

そして、3つ目はコストを考えることです。

 

水は毎日飲む大切なものです。赤ちゃんのミルクだけにとか、特別な場合だけに使うというものなら、あまり気にしなくてもいいかもしれませんが、飲み続けることを考えると、やはり金額は気になるところですね。

 

できれば、お手頃なお値段であってほしいものですよね。

 

買い求め安さを重視

 

そして、4つ目は買い求めやすいものであること。

 

毎日のように飲んでいる間に、気がつけば水のストックがない、なんてことに。

 

水はたくさん買いだめするにはなかなか重たいものですし、なくなる度にわざわざ買いに行くのも面倒ですよね。かと言って、通販や宅配で頼んでも、送料が高くつくんですよね。

 

だから、できれば金額は安く、手軽に水を手に入ること。それがとても重要なんです。最近は、自宅にウォーターサーバーを設置するなど、様々な水の入手方法がありますので、検討してみてはいかがでしょう。

 

ミネラルウォーターを使った上でのゴミ

 

そして、5つ目はミネラルウォーターを使った上でのゴミのこと。

 

ペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいると、気になるのが空になったペットボトルです。気がつくとすぐに溜まってしまって、置き場所やゴミ出しに手間がかかるんです。

 

まだペットボトルのものはつぶしてしまえば、かさばらず、重さも軽く済みますが、ガラス瓶のタイプのものだと、邪魔になりますし、重さもかかります。

 

安全なお水にこだわりすぎて面倒だらけになるなんてことがないように、ゴミのことまで考えて選べるといいかと思います。これらを踏まえると一番のオススメはやはりウォーターサーバーです。ゴミも少なく、買いに行く手間も省けます。

 

あなたの大事な家族のために、安心で安全なミネラルウォーターのことを考えてみてはいかがでしょう。